在宅か施設か

一人暮らしのお父様が軽い認知症だったA様ご一家。ご予算に合わせてグループホームをご紹介しましたが、ご希望に合わず、ご家族で探すことに。ご家族でお探しのうちに、数か月が経過し、お父様の認知症が進行して要介護4に。結局、特養に入所することになったとのことでした。

一方、足が弱くなって要介護1になったB様。老人ホームへの入所をご提案しましたが、まだまだ先のことと、在宅で過ごされました。しかし、コロナ禍で外出もままならず、ずっと家の中で過ごしているうちに、要介護3に。ご自宅では車椅子が困難なので、最終的に老人ホーム入所を決められました。

介護はご本人とご家族のお気持ちが大切です。正解はありません。はるかぜの介護セミナーで、私たちと、一緒に考えてみませんか。

《タウンニュース大和版2021.01.29号》

 

はるかぜ相談室 栗城貴宗(行政書士)

はるかぜ相談室 栗城貴宗(行政書士)

はるかぜドットコム
242-0017 神奈川県大和市大和東3-9-3 JRCビル2F
電 話 046-240-6135/FAX 046-263-8060
info@harukaze.org
https://はるかぜ.cohttps://はるかぜ.com/m/

Follow me!

前の記事

イリーゼ相模原矢部

次の記事

ココファン座間