生活リハビリ

要介護となった高齢者が日常生活動作を行えるように行う訓練が生活リハビリです。

高齢者施設は最初からバリアフリーですが、自宅の場合は、手すりや段差の解消をするなどして、まず生活環境を整えます。

高齢者が自分で生活動作を行えるようになれば、機能回復になりますし、結果的に家族の負担も減ります。

家族としては、つい手伝ってあげたくなってしまいますが、自分でできることは自分でやってもらうことが大切です。

ベッドは、自分で起き上がれるように床に足がつく高さにします。また、介護用の食器や、介護トイレを使用するなどの工夫も必要です。

ただし、生活リハビリも無理は禁物。医師や理学療法士等、専門家の指示に従って行うようにしましょう。

《タウンニュース大和版2020.10.30》

はるかぜ相談室 栗城貴宗(行政書士)

はるかぜ相談室 栗城貴宗(行政書士)

はるかぜドットコム
242-0017 神奈川県大和市大和東3-9-3 JRCビル2F
電 話 046-240-6135/FAX 046-263-8060
info@harukaze.org
https://はるかぜ.cohttps://はるかぜ.com/m/

Follow me!