資産の把握

前回は老前整理についてお話しましたが、資産に関するものの整理は特に面倒なものです。

資産を把握するためにまずは、預貯金や株等の金融資産、不動産、自動車等、財産と呼べるものは全て書き出し「財産目録」を作成します。

これに合わせて、生命・損害保険の満期受取額、死亡時の補償内容、死亡退職金、個人年金等、分かるものは全て書き出しておきましょう。

資産を把握すれば、老後の計画を立てることができるようになります。

財産目録を作っても、本人しか知らないとういうのでは、万一の時に家族が困ってしまいます。財産目録は、その所在を周りの人に知らせておくと同時に、その財産を管理する人を決めておきましょう。

次回は「成年後見制度」です。

《タウンニュース大和版版2020.08.21》

はるかぜ相談室 栗城貴宗(行政書士)

はるかぜ相談室 栗城貴宗(行政書士)

はるかぜドットコム
242-0017 神奈川県大和市大和東3-9-3 JRCビル2F
電 話 046-240-6135/FAX 046-263-8060
info@harukaze.org
https://はるかぜ.cohttps://はるかぜ.com/m/

Follow me!

次の記事

成年後見制度